Welcom to Dialogue for People website

Top>News>【お知らせ】第33回 友情のレポーター(2019)募集開始!

News

News

2019.3.20

【お知らせ】第33回 友情のレポーター(2019)募集開始!

2019.3.20

News #Yasuda

認定NPO法人国境なき子どもたちが主催する、第33回 友情のレポーター(2019)の募集が開始されました。

2019年夏休み、フィリピンで現地の子どもたちを取材します。安田菜津紀も取材に同行させていただくほか、ジャーナリストの堀潤さんとともに審査員としても関わらせていただきます。

対象となるのは、日本在住の11歳から16歳までの方(締切日の2019年5月7日(火)の時点)で、帰国後に最低1年間、日本国内での広報活動に積極的に参加できる方です。
参加費は無料!!
出会ってみたい、伝えたい。そんな思いを持った皆さんの募集をお待ちしています!

応募レポートは5月7日(火)必着!
詳細はこちらから。

▼2018年に参加したレポーターさんからのメッセージ▼

*福田朱里さん(広島県出身、取材当時15歳)
初めまして!2018年友情のレポーターの福田朱里です。私は去年カンボジアに行きましたが、本当に楽しかったです。現地では、インタビューに悪戦苦闘しましたが日本では出来ない五感を使って取材をする事ができ、とても勉強になりました。そして現地の子と色々な事をして遊び自然とお互いの距離も縮みました。取材以外の事でも学べる事は沢山あるはずです。
是非応募して自分の中で新しい世界を広げて見てください!

*落合愛友海さん(東京都出身、取材当時16歳)
私が友情のレポーターをお薦めする理由は、自分の目で世界の現状や知らなかったことを見に行けることです。
実際に現地に行きその国の同年代の子達の抱えている問題や過去を面と向かって聞けるということは大きな刺激となります。また 現地に行きそれで終わりではないところが友情のレポーターの特徴です。
現地で感じたことやであった人々が抱えている問題を帰国後、周りの方々に伝える活動が待っています!
どのようにしたら思いを伝えられるのか実践を通して学ぶことができます。

2019.3.20

News #Yasuda