Welcom to Dialogue for People website

Top>News>【お知らせ】新刊:佐藤慧・安田菜津紀:訳「シリア 震える橋を渡って」 予約開始のお知らせ

News

News

2019.8.5

【お知らせ】新刊:佐藤慧・安田菜津紀:訳「シリア 震える橋を渡って」 予約開始のお知らせ

2019.8.5

News #Yasuda #Sato

このたびは8月23日刊行予定の新刊のお知らせをさせていただきます。
今回の新刊は、ウェンディ・パールマン著「シリア 震える橋を渡って: 人々は語る 」の翻訳を佐藤慧・安田菜津紀が手がけました。

この本ではシリアからの避難生活を送る人々の声を年代別にたどっています。父ハフェズ・アサド時代から、今に至るまでの克明な記録。一人一人の声だからこそ、心に深く刻まれていきます。表紙は安田菜津紀が昨年撮影したシリア北部の写真です。

現在、Amazon等にて予約受付中。
詳しくはこちらのStoreのページをご覧ください。

また、9月1日には出版記念イベントも開催いたします。
イベントではシリアを舞台にした映画『それでも僕は帰る』の上映、佐藤慧・安田菜津紀によるトーク、「シリア 震える橋を渡って: 人々は語る 」のサイン会などを行ないます。
詳しくはこちらのページをご覧ください。

帯のコメントはSUGIZOさんに頂きました。SUGIZOさんを中心に結成された、難民キャンプを中心に活動を続ける音楽バンド『ババガヌージュ』は、今年10月イラクやヨルダンのシリア難民キャンプで活動を行う予定です。クラウドファンディングも継続中です。

———————————–

※クラウドファンディングご支援のお願い

現在、SUGIZO氏NPO法人JIM-NET認定NPO法人国境なき子どもたち、Dialogue for People協働による「BABAGANOUJ PROJECT 2019 中東音楽交流」のご支援を募集しております!
詳しくはこちらをご覧ください!!

2019.8.5

News #Yasuda #Sato