矢萩邦彦 Kunihiko YAHAGI

アルスコンビネーター ArsCombinator

ジャーナリスト/教育者/
方法をデザインして、関係をアートする「アルスコンビネーター」。

株式会社スタディオアフタモード 代表取締役CEO
知窓学舎塾長
スタディオアフタモード総合研究所 シニア・エグゼクティブ・フェロー
NGO LIVEonWIRE 代表理事兼編集長
流浪の私塾 鏡明塾 塾長
NPOみんつな 共同代表兼総責任者
ヤフー株式会社 Yahoo!ニュース個人オーサー
ISIS編集学校 師範代
公園緑地財団 環境教育上級指導者


松岡正剛師より拝命した、日本で最初の結合術師【ArsCombinator】として、アート・ジャーナリズム・教育の相互企画デザインを中心に、言葉とイメージによる存在学の構築を追求。活動ポリシーに「シュールパシフィズム」を掲げ、誰もが潜在的に持って居る平和的願望を喚起することを目的に据えた活動を展開している。

徹底した継続的現場主義と越境的活動、越境的学問の両立をモットーに、中学受験指導は17年連続でレギュラー授業を持ちながら、流浪の私塾『鏡明塾』を主催し、全国で講義・講演・ワークショップを展開。代表取締役を務める株式会社スタディオアフタモードからは安田菜津紀、佐藤慧をはじめ若手ジャーナリストを輩出、ジャーナリストとともに学び、社会に関わるためのニュースメディアとして立ち上げた『LIVEonWIRE_JOURNAL』では編集長としてジャーナリズムの本質と可能性を模索しつつその育成やプロデュースを手がけるなど、多くの団体やメディアにプロデューサー・編集者・作家・パーソナリティーとして参画している。声の文化の復権を目指して2000年にスタートしたインターネットラジオ生放送は世紀をまたぎ12年目600回を迎える。ジャーナリストとしては教育にまつわる問題、マイノリティーと呼称されている人々にまつわる問題を中心に取材を進めている。また俳諧師として其角座に関わり、方法としての俳諧復興活動にも力を入れている。俳号は道侠。

活動実績



主な仕事

連載等
・Yahoo!ニュースのオーサーとして記事提供(2013〜)
・塾講師ステーション情報局への記事提供(2014〜)

講演等
・上海PRAY FOR JAPAN FROM CHINA講演
 『災害時における[任意NPO]という方法の可能性と課題について』
・伊勢原市文化会館『秋山里奈パラリンピック報告会』コーディネート
・琉球大学観光産業科学部講義
 『次世代リーダーシップとキャリア形成~平和への想像力~』
・立命館アジア太平洋大学
 『ジャーナリズムの視点とクリティカルシンキング』
・熊本県「新しい公共モデル事業」講演
 『次世代型リーダーシップとキャリア形成~平和への想像力~』
・第三回高校生国際会議基調講演
 『メディアの見方、考え方』
・13歳のハローワーク公式サイト『Jr.クラブ取材体験@テレビ朝日』講師
・第3回高校生国際会議 基調講演
・早稲田高等学院 『企業連携構想プロジェクト』講師

写真展



掲載、出演媒体


テレビ
・BS11『本格報道INsideOUT』生出演(ジャーナリストとして)
・tvk『佐藤しのぶ出逢いのハーモニーⅢ』出演(教育者として)

ラジオ
・Music Revorution(FMかしま,ゲスト)
・ヤハギの合法ヘヴンズドア(FMかしま,パーソナリティー)
・SOUND BRANDING RADIO(SHIBUYA-FM,レギュラーゲスト)

WEB
・越境ウォーカー(Yahoo!)越境ウォーカー
・KAKERU INTERVIEW(マザール)KAKERU INTERVIEW
・タブラ・ラサの時間(gapyear.jp)タブラ・ラサの時間

著書、発行物

『僕らが見えなくなるまえに』(太陽書房)
『文具自慢』(扶桑社)

仕事のご依頼は info@aftermode.com までお問い合わせ下さい。